DE / EN

高橋 絵里子
(たかはし えりこ)

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。引き続きオーストリアに渡り、2013年リンツのアントン・ブルックナー音楽大学にてピアノ演奏学科修士課程、2015年ピアノ教育学科学士課程、2017年室内楽科修士課程を修了。2018年グラーツ国立音楽大学大学院にて現代音楽科ポストグラドゥアーレ課程を修了。


今までにポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演。2013年10月、リンツのブルックナーハウスにてブリテン生誕100年演奏会に出演。これまでにフランス、オーストリア、ドイツ、ポーランドなど欧州各国にて演奏会およびマスタークラス選抜者演奏会に出演する他、ウィーンおよびリンツ両都市にて定期的にリサイタルを行う。日本及びヨーロッパにてソロ、室内楽、歌曲伴奏など幅広く活動を展開する傍ら、後進の指導にもあたる。20世紀以降の近・現代曲の演奏、新曲や献呈作品の初演にも積極的に携わり、自作の演奏も行う。2017年クラヴィス・サンクトペテルブルク国際ピアノコンクール審査員。日本フィンランド新音楽協会会員。


アントン・ブルックナー音楽大学ピアノコンクール(リンツ)、ディヒラーコンクール(ウィーン)、バルレッタ国際コンクール(イタリア)、ローマ・アカデミア国際コンクール、ジュリアン・コクラン国際ピアノコンクール、Music&Earth国際コンクール(ソフィア)などのコンクールで入賞。2015-2016年、ロータリークラブ・ヴェルスより奨学金授与。
 
これまでにピアノを三浦捷子、有賀和子、中井恒仁、スザンナ・シュペーマン、ヤン・イラチェック・フォン・アルニム、ゴットフリート・ヘーメツベルガーの各氏に、室内楽をティル・アレクサンダー・ケルバー氏に師事。フォルテピアノをヴォルフガング・ブルンナー氏に師事。ジャック・ルヴィエ、アンナ・マリコヴァ、エヴァ・ポブウォツカ各氏のマスタークラスを受講。現代音楽をヨーナス・アホネン氏をはじめ、アンサンブル「クラングフォールム・ウィーン」の団員に指導を受ける。作曲をアリ・ロンパネン氏に師事。